• ホーム
  • 食べ物から精力アップを目指す!

食べ物から精力アップを目指す!

最近何となく元気がないと感じている方も多いのではないでしょうか。
元気が出ないと生活や仕事に影響を及ぼしてしまうことになります。
そういった時に薬などで対応することには抵抗を感じる方もいるはずです。
最終的には薬やサプリメントに頼るとしても、やはりまずは自然な形で改善していくという事を目指していきたいものです。
精力アップに役立つといわれる食材を積極的にとっていくようにしましょう。
特に精力減退を感じている方に足りないと思われる成分が亜鉛です。
亜鉛が不足すると精力減退や免疫力の低下、味覚に異常が出るなど体に様々な影響が出てきます。
きちんと摂っているつもりであっても、運動をされる方や体を動かす仕事をされている方は汗とともに体外に出てしまったり消費されたりするため、不足することもあります。
ぜひ亜鉛を多く含む食品を積極的にとっていきましょう。
牡蠣には栄養ドリンクにも含まれているタウリンも豊富ですから、精力アップにつながりやすいでしょう。
特に有名なのが牡蠣です。
魚介類や肉などに多く含まれているのですが、その中でも牡蠣は特に量を多く含んでいます。
食卓に一つ牡蠣料理をプラスしてみるというのもよいでしょう。
また、大豆製品にも亜鉛は多く含まれています。
ご飯に納豆をかけるなどという形で毎日取っていくようにしたいものです。
さらに大豆にはアルギニンという成分も含まれています。
こちらも精力アップにつながるといわれる成分ですから毎日の食事に大豆を積極的に取り入れていきましょう。
アルギニンは山芋にも多く含まれています。
納豆や山芋といったご飯のおともをぜひ食卓に上らせてみましょう。
もちろん、どのような成分であっても偏った摂り方をしてしまうと逆効果です。
サプリメントや薬という形で摂取してしまうと過剰に取り入れてしまうことになり、悪影響も出てきます。
そのため、食事で自然にとれるように工夫をしていくことが大切になります。

EDを促進してしまう食べ物はある?

精力を増進する食事は牡蠣や大豆や山芋や納豆などで成分として精力アップに効果的なのは亜鉛やタウリンやアルギニンになりますが、逆効果になるのは栄養バランスが悪いいわゆる「偏った食事」をする事です。
「肉ばかり」「野菜だけ」といった栄養バランスが悪い食事の生活を送っていたり、高エネルギーの食事が多かったり味がしょっぱいものが好きで外食が多く加工食品をよく食べると言った食生活もEDを促進してしまう事になり喫煙や飲酒や運動不足や睡眠不足や過労やストレスと言ったことも含まれます。

その背景には生活習慣病があり、例えば濃い味付けが好きで野菜をあまり食べない上にファストフードやコンビニ弁当をよく食べてたり、朝食を抜いてしまうことが多いのにお腹いっぱい食べないと気がすまなかったり、お腹がすいて眠れないとつい夜食を食べてしまうってしかも早食いと言った生食生活は要注意です。
こう言った生活習慣は血圧と血糖値と脂質に自覚なく影響を与えて、血圧は高血圧、血糖値は糖尿病、脂質は脂質異常症から勃起不全に関わる動脈硬化に直結する事になります。

動脈硬化は主な原因として指摘されているのが高血圧や脂質異常症や糖尿病などで、勃起不全(器質性のEDになります)だけではなく脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や心筋梗塞などが引き起こされる恐ろしい状態です。
勃起不全を併発する数値を挙げると血管や神経などに障害が起こる事で勃起不全になる率が高い糖尿病患者におけるED併発率は約80パーセントで、勃起不全に直結する動脈硬化に繋がる部類としては高血圧患者におけるED併発率と脂質異常症患者におけるED併発率は約65パーセント前後となります

関連記事